あおぞらごはん

三越前・日本橋・神田ランチ&ワインとキャンプ

燻製キャンプ ユニフレーム FS-600で自家製ベーコン作ってみた。

手間いらずのキャンプ料理

キャンプでのんびり過ごすのはいいけど
その間に美味しいものが出来ていればとっても嬉しい。
ダッチオーブン+焚き火で煮込むのもオススメですが燻製もありなんです。

今回作った、自家製ベーコンは結構いい感じに仕上がりました。
さすがユニフレーム のベストセラー燻製機。

忘れないようにレシピをメモっておきます。

f:id:aozoragohan:20200114223206j:plain
キャンプでベーコンを燻製する

ベーコンは料理のハードルが高いよね。
色々準備も道具も必要だし。
でも上手に作れるとキャンプの上級者になった気分になります。
食材は玉子、ししゃも、チーズと色々あるけど、やっぱりベーコンでしょ!

美味しくできた自家製ベーコンレシピ

水曜日に豚バラ肉ブロックを買おう。

退社時に「今日は豚バラ肉を仕込むよ。今日やらないと土曜日に燻製できないよ。」と
呪文を唱えて、豚バラ肉ブロック800〜1Kgと、マジックソルトを買います。

マジックソルトは100均一に売っている袋タイプを使い切り。

f:id:aozoragohan:20191229174439j:plain
燻製におすすめ。マジックソルト


豚バラ肉の下処理

まずは洗って水気を取ったら、余分な脂を取り除いて整形。
そしてフォークで全面滅多刺し。
お肉がビロ〜ンと伸びますね。カットします。
マジックソルトを刷り込んで、ジップロックに入れて冷蔵庫へ。
キャンプに行く土曜日まで寝かせます。

さあ!キャンプ!燻製しよう!!

キャンプ場でお肉を洗って、表面のマジックソルトを軽く洗い流して風乾。
その間に燻製機のセット。

燻製道具
燻製機 今回はユニフレーム FS-600 
UNIFLAME ユニフレーム フォールディングスモーカー FS-600 & スモーカー温度計

温度計
お肉を掛ける金具
脂の受け皿

スモークウッド(サクラ)

温燻でベーコンを作る。

燻製方法

お肉の表面が乾いたら、燻製機に吊るして熱乾燥。
まずは脂の受け皿をセット。アルミホイルで包んでおくと掃除が楽です。
炭を入れて、80〜120度で1時間。

f:id:aozoragohan:20200114223626j:plain
ユニフレーム  FS−600

炭は入れたまま、80℃前後をキープしながら
好みのスモークウッドを投入。
それにピートパウダーもON。

f:id:aozoragohan:20191230214301j:plain
燻製するならピートスモークパウダーもおすすめ
ソト(SOTO) いぶし処 ピートスモークパウダー ST-160

燻製時間は3時間。

f:id:aozoragohan:20200114223319j:plain
キャンプ場で燻製開始後2時間経過

良い色がつきました。
風乾して煙が落ち着いたら出来上がり。

最初と比べると、随分小さくなりました。

f:id:aozoragohan:20200114223758j:plain
キャンプ場で燻製

キャンプの朝ごはんは自家製ベーコン

そして翌朝焚き火を熾してスキレットで焼いてみる。
厚めに切り出したせいか脂が凄い。


昨日作った自家製ベーコン。焼いてみた。美味しい😋🍴💕 #bacon#燻製ベーコン #smoke #キャンプ#campinglife #camper#campcamp#campinggear


でも美味しい。塩気もきつくなくいい感じ。

市販のベーコンとはちょっと違うな。
豚バラ肉ステーキみたいな・・燻製風味ですけど。
自分史上最強の美味しさで仕上がりました。


毎回ベーコン作りでも個人的にはいいぞ。

絶賛愛用中の燻製機