あおぞらごはん

都内の美味しいランチにキャンプと焚き火と燻製とワインが大好き。最近は燻製ブログ。

サービングポットで作るイタリアンなタコの柔らかトマト煮はワインが進む。

サービングポットでタコの柔らか煮を作ってみた

タコを煮る。

タコは多幸って言って、お正月に食べると縁起がいいとか。

そうなんですね、先ほど知りました。

 

しかし、寒い。

今年の年末はお休みが長いようですが、

嫁様から「年末年始のキャンプ行く?」

 

いや、、、、、正直あまり行く気は無いんですけどね。。。

 

寒いし。。。。

 

キャンプ用の暖房器具無いし。。。

道込んでるし。。。

 

[rakuten:lbreath:10293073:detail]

タコ料理レシピ

 

さてさて、お料理の参考書で、

ちょっと気になっていたメニュー 「タコの柔らか煮」です。

 

 

 

これってワインに合いそう。

それにしてもタコってたこ焼き以外料理したことないぞ。

タコ料理って・・思いつきませんが、

 

イタリアではトマト煮にしちゃうのか、

それともイタリア感を出すためにトマトで煮るのか・・

本当はスペインかもしれませんが。

 

日本でも出汁で煮る料理がありますね。

和食屋さんでみた気がする。料理名は知らないけど。

 

年末になると酢蛸しか無くなっちゃうしな〜

 

お酒が美味しくいただけそうなので、ちょっと作ってみました。

 

材料の関係でかなりアレンジしてますけど。。。

 

サービングポットでタコの柔らか煮

タコの柔らかトマト煮

 蛸の柔らかトマト煮レシピ

 

ゆでだこ 250g 大きめにカット

トマト缶 1缶

ニンニク 1欠をみじん切り

ローリエ 2枚

 

こちらを、 Lodgeのサービングポットへ入れて、

超弱火で1時間30分コトコト。

 

オクラとブラックオリーブを入れて さらに15分超弱火でコトコト

塩気はOKだったので胡椒を少し降って出来上がりです。

 

スゴイ柔らか。吸盤ポロポロ取れちゃうし。。。

 

弱火で煮込んで1時間位だとまだまだ弾力が有りましたが、

1時間半でクタクタ感が出てきました。

 

これはキャンプ場で、焚き火や薪ストーブでヌクヌクしているうちに

夕方には美味しく出来上がっているというのが理想のパターンです。

 

と、言う事で本日は既にワイン飲んじゃってます。 

これは、白ワイン向きおつまみでした。

うん。美味しい。

 

 

(2021/01/03)