あおぞらごはん

三越前・日本橋・神田ランチ&ワインとキャンプ


キャンプと燻製 外房の地にベーコン様が降臨される。

ユニフレーム FSー600で自家製ベーコン

自家製ベーコン,燻製


2019年初燻製のメニュー。

これしかないな・・・

 

燻製界最強のおつまみとして君臨するベーコン様です。

 

コレを外したら、この先1年間燻製の神様に見放されます。

 

ベーコン様の前には、燻玉もししゃもも無力に違いない。

決して縦型燻製器を買ったので、 お肉を吊るしたかったという理由ではないです。

 

年末にお肉屋さんを廻って、 おフランスからやってきた豚バラ肉1Kgを入手。

 

うん、ずっしり。 よーし、仕込むぞ!

お約束のフォークで滅多刺ししたら、 塩、胡椒、ナツメグをスリスリ。

ジップロックに入れたら冷蔵庫で 塩漬け4日 塩抜き1日

冷蔵庫で乾燥2日 合計1週間のショートバージョン。

 ベーコンの神様を迎える儀式

今回はいつもの河原でなく、キャンプ場です。

年初めのキャンプで、まずは燻製をしようと、外房へGo!

いいお天気でした。

昼間は暑いくらいですよ。 さすが外房。

 

キャンプ場に着いたら早速ユニフレームフォールディングスモーカーFS-600をセット。

 

ユニフレームフォールディングスモーカー,FS-600,


これ結構重いよね。

ガシャーン、ガシャーン!!

よっこらしょ。女性が扱うのは大変そうだなー。

燻製作りが女性に人気がないのは、この辺か?

めんどくさいしね。変なこだわりとか。

 

さてさて、台にセットして・・・広げて〜 網セットしたら完了。

ずっしりしていますね。この重さなら風吹いても倒れなさそう。

 

やっぱりこのスモーカー、かっちょいい。

もっと早く買えば良かったよ。

でも燻製初心者が買えるお値段ではないのです。

だって気に入らなかったらちょっと凹むお値段です。

 

自家製ベーコンするときは脂が落ちるので、

脂受けは必須(付属のお皿にアルミホイルでカバーしておくと洗うのが楽、アルミの鍋でも代用できますね)

 

あと温度計もセット。

 

まずは、熱乾燥ってことなので、炭入れて60〜70℃で30分。

ちょっと脂が垂れてきた。

 

それじゃあ煙を掛けますよーってことで、

点火したサクラのスモークウッドを炭の隣においてスモーク開始 温度は、75〜80℃位をキープ。

 

3時間の燻製後・・

扉を開けると、黄金色のお姿が!! おおっ!眩しい!!キラキラって感じですよ。

 肋骨の跡?素敵すぎる。

ベーコンの神が降臨したよー。

 

やっぱり燻製楽しいぞ。 明日、試食しよう。

 


ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングスモーカー FS-600

これからメイン燻製器に・・なるのかな?

 

説明書には、泡の食器用洗剤で簡単に洗い流せるって書いてあったんですが、 ちゃんとスポンジで擦らないとダメですね。

 

まあ、そうですよね。