あおぞらごはん

三越前・日本橋・神田ランチ&ワインとキャンプ



標高1000M!燻製キャンプ

チーズの薫製,世田谷薫製工房,

今回のキャンプは、世田谷の薫製マニアK料理長が一緒でした。

目的は、9時間の薫製を2回という事なので、

K料理長は、キャンプ場に着いたらテントより薫製機のセッティング。

自作薫製機もすでに六号機となり、

もう、趣味を超えてますね。薫製にかける情熱は職人並みです。

夏に薫製はどうなんだろうと思っていたら、今回のキャンプ地山梨県鳴沢村は、

午後3時を過ぎると結構涼しく、夜は寒いんです。

さすが標高1000m。

この温度なら、薫製もおいしく出来ますよね。

薫製スタートは、午後3時。

1回目の終了は24時でした。

1回目の薫製は、

ゆで卵、ベビーホタテ、イカ、明太子、手羽先、なまりぶし、豚バラブロック。

こちらは薫製BARで定番な品揃え。

2回目はの薫製は、0時過ぎから始まって、

大量のプロセスチーズ。800g×14本だったかな。それをカットして薫製機へ

こんだけスモークチーズが出来ると迫力有りますねー

うちも薫製機あるんですけどね。全然使ってないな。数年ぶりに薫製してみようかな。

さすがに2回目の薫製が終わるのは翌朝でした。

スモークウッドを消えないように並べて放置プレイだそうです。

ヒッコーリーとか楢とかのMIXで使ったようです。

煙によって味も変わってくるようですが、食べる方が素人だからね〜

よくわからないのですが、とりあえず昼からワインを空けて試食開始。

チーズと明太子の薫製が旨すぎるっ!!

これワインに合いますね。お酒が進んじゃうよー。

玉子も逝けてますよっ!

さすがK料理長ありがとうございます。

これは高級ワインバーに出せますよ。

美味しいから毎日つまんじゃいますが、食べるのがもったいない。

小さいのはオリーブオイル漬けにしてみます。