あおぞらごはん

三越前と神田ランチ巡り。ワインとキャンプが好き。

キャンプ飯 美味しい焼肉をするには溶岩プレートがいいらしい。

 世界遺産富士山のかけら

溶岩プレートで焼肉

3連休の初日は、富士山の溶岩を切り出したと言われている、

溶岩プレート」で焼き肉でした。

どこにも書いてないけど!

これが、遠赤外線効果で外国牛肉も、国内有名ブランド牛肉の味になる!?

 

どう考えても、そんなことはないだろう。

 

でも鉄板に比べると焼き上がりは違う。

 

なんかふんわり焼けて焼き上がりは柔らかいですね、

いくらでも食べれる気がする。

これが遠赤外線効果何だろう。

 

今回は、焼き肉キャンプで定番のエバラ黄金のタレ。

うーん、おいしいんですが、たまには他のタレにしたほうがいいよね。

 

f:id:aozoragohan:20201228204356j:plain

溶岩プレートで焼肉

 

溶岩プレートの使い方

 溶岩プレートを熱々にするには結構な時間が掛かるんです。

 まず焚き火を起こします。

食事をする2時間前から焚火の上に置いて、予熱しておきます。

 

温まったら手袋して、ツーバーナーによっこらせと乗っけたらツーバーナー全開にして、溶岩プレートを熱してからお肉を焼きます。

 

お肉がふんわり焼けるよね。

野菜もいい感じで熱が入って美味しいです。

 

でも、

暖まるとなかなか冷えないのが溶岩プレートの特徴。

 

撤収当日の昼に使ったら、その日は帰れないかもです。

 

注意してください。

 

 

 

(2020.12.28リライト)